若い方の家づくり、全力で応援します(^_^)

日々、新しい商品が開発されます。出来るだけ実際に見て頭も更新しなければなりませんね。適材適所に判断し、柔軟に対応、採用します。

30歳を過ぎれば立派な社会人です。家造りも決して早いことはありません。頑張っての家づくり、全力で応援します(^_^)。
お金を大切にして、本当に必要なものを互いに協議してしっかり判断していきましょう。

しっかり打合せ、でも事務所は探検・遊び場。

しっかり打合せ出来ますように・・・。

お子さんは、みんなで飛び回って楽しくしています。…が、打合せの準備は、何回も事前確認、シュミレーションし緻密に準備するので大丈夫です。こんなににぎやかでも仕事は繊細に。

お施主様には、大切なひと時を楽しんで頂きつつ、肝心な業務に心配の無い様に準備をしっかりして臨んでいます。どうぞ安心して下さい。(^^)

現場で・・・。

現場で・・・

設計監理では、お施主様に現場で様々な確認の立会いをお願いします。今回は電気位置確認。取付高さや使い勝手の位置の確認など…。
我々が行うプロ側の検査・確認は基礎配筋、筋交金物等の検査と異なり、お施主様の目線での確認も大切な監理行為のひとつです。

自分より20も若いお施主様だから親心全開、微笑ましいとも言えるし、何とか頑張って頂きたいと思っています。

私の事務所は個人事務所で小さいですが、心の器は大きいです。本心でお付き合い出来るのが、身近で楽しいところかもしれませんね。


建て方完了

先日、吉日に無事、建て方を行いました。

お施主様にとって人生最大のイベントです。これからどうぞ幸多かれ!

地鎮祭

本日は地鎮祭、雨も止み、天候も曇りではありましたが落ち着いた一日でした。

いとつひとつの行事を是非、楽しんで下さい。

心から、そう思います。(^^)

 

 

楽しい家づくり

ショールームでの打合せ。独立して20年、あと10年で引退するには惜しいですが…。

設計は勿論ですが、設備、仕上げなど成熟した見識をもってアドバイスします。

体力は若干落ちましたが、経験、見識力は今でも向上しています。

お客様には家づくりを心より安心して、楽しんで頂きたいと思っています。

楽しい打合せしたいですね。

家づくりは皆様にとって『最幸』-しあわせ なお時間です。打合せは楽しく軽快に行いたいものです。

しかしそのためには、バックヤードでは注意深く繊細に準備しておくことが必要です。

予算、間取り、パース、図面等 事前に細心の注意、検証を行います。

各所に矛盾、不備はないか。プロとしての取り組みが求められます。

図面やパースなどデザインだけでなく、コストや融資など様々な点でプロ(資格を有する専門家)として

豊富な経験を生かし、但し責任をもってお打合せ、時にはご指導もさせて頂きます。

弊社は個人事務所なので打合せはいわゆる『ひざつきあわせ』るような感じでですね。

特にお若い方々には、家づくりを通じて成長される姿が、私にとっては嬉しい限りです。(^^)。

17振りの初めてのリフォームしました。

外壁が雨垂れ等で汚れて来たので新築17年で初めて部分塗装しました。

元は珪藻土外壁なので光沢の無いマットなテクスチャーの表情をなるべく損なわない塗材を探してのチャレンジです。

また、出来れば親水性塗料による自然浄化のものを探しました。

DSC06946 DSC06944 ⇒

2015102501 2015102502 DSC02705

ただ、木部が多いのでそんなに変わったという印象はありませんが、きれいにはなった気がして…ほっとしました。

その後の石巻、南三陸。

石巻の日和山公園からの眺望。

IMG_20151003_100624  IMG_20151003_100410

中継で白い工場服で行列して登って避難して来られた、あの階段です。
震災映像では下段踊り場まで家々が押し流されていました。
こう見ると相当な高さまで津波が押し寄せて来たことが改めて認識されます。

右は中央のお寺が今も残っています。海辺の大きな工場と煙突は全て解体されありません。

南三陸防災庁舎(南三陸役場)/結婚式場

IMG_20151003_120555 IMG_20151003_120031

写真からは何も伝わらないと思います。しかし現場では今もお焼香、卒塔婆が立ち、さぞ無念であったろう方々に生きているものからのせめてもの思いが充満していました。

IMG_20151003_131113 IMG_20151003_131152

今の南三陸町はまるで湾岸の開発現場を見ているように何もなく過去は何も感じられません。
この防災庁舎と隣接する結婚式場だけが現存する過去の記憶です。
しかしこのパネル(さんさん商店街)によってこれだけの街がかつてそこにあった
ということが唯一認識されるのです。(こんなに家々がありました、街がありました)

私共に防災庁舎の保存・撤去についてコメント出来る立場にないことがよくわかります。
またあらためて震災映像などを見ると、その出来事の重さと生者の使命を感じます。

お客様とプレカット工場へ

お客様をお連れしてプレカット工場を見学しました。

他社を含めると今回で3回目になります。ここ約20年で業界の大勢も激変しました。

独立してから苦労続きですが、この20年の大きな変化を改めて実感します。

DSC06938 DSC06937